太陽光モニターで分析

  • 2015年10月23日
ブログへの訪問ありがとうございます。

寒くなってきたので、事務所のフル暖エアコンで暖房を運転させています。
やはり寒いとき、ボタンを押すだけで動くのはありがたいです。
自宅では石油ファンヒーターなので、給油するのが面倒です。ぶつかるとエラーで消えてしまったりもします。暖かくてよいのですが、やっぱり暖房も電気が一番よいと思っています。
さて、エアコンを使い始めると、気になるのが電気代です。そこで、太陽光のモニターをチェックしてみることにしました
モニターといえば現在の発電状況を表示するもので、メーカーごとに機能は多少違いますが、現在の発電量・使用量を見ることができます。
シャープのモニターでは、月ごと・一日ごと・一時間ごとの発電量・売電量のデータを見ることができます。
今日は一日の電気の使い方と比べたいので、一時間ごとのを見てみました。
発電量が緑の棒で、使用量が青い線になっています。
発電量はお昼をピークに15時頃から急激に落ちています。まだ外は明るいですが、だいぶ暗くなるのが早くなってきたので、これから冬の間は発電量は落ちるでしょう

消費量を見ると、朝8時がもっとも多くなっています。これは、朝寒いときにエアコンで温度を上げるためだと思われます。その後は安定しているので、エアコンは温度を保つほうが電力を消費しないことがわかります。エアコンはこまめに消したりしないほうが節電できますよ
こちらは買電と売電のグラフです。上と同じような結果になっています。
やはりエアコンを付け始めたり、パソコンを起動したりする朝がダントツで買電量が多くなっています。
また、昼間は発電している間は買電はしていません。自家発電で賄えています。
こうしてデータになっているのを見ると、節電で気をつけるべきポイントが見つかり節電が楽しくなりますよ!
昨年は10月の電気代が23812円でしたが、今年は-6224円でした。
使用量で言うと昨年は818kWh、今年は309kWhです。
余った電気を売るのはもちろん、買電する量が減るのは大きいです。

この記事にコメントをする

お名前
パスワード

※コメントの修正・削除用パスワード
コメント
認証コード


※画像の中の数字を半角で入力してください