トップページ

お気軽にお問い合わせください!

0178-45-9262

受付時間 9:00~17:00まで Tap to Call

お問い合わせ
エルパルショップ 東北電力電化普及協力店

HOME > 新商品・イベント・キャンペーン・ニュース情報 > ニュース

補助金ニュース・新商品情報・イベント&キャンペーン

三菱 寒冷地仕様で550L&非常時のライフラインを強化したエコキュート発売予定

[Update] 2011年09月03日(土)


三菱電機は、寒冷地向けのモデルで“業界初”の容量550Lタイプを新たに追加し、全機種に非常時のライフラインの役割を強化した「三菱エコキュートHPシリーズ」を10月21日から発売します。

3月11日の東日本大震災以降、節電や省エネへの関心が一段と高まる中、エコキュートは昼間の電力負荷ピーク時間帯を避け、夜間に電気を上手に使う機器として再度注目されはじめています。
HPシリーズは、省エネ性を向上したプレミアムタイプとスタンダードタイプの2種類で、非常時・災害時に配慮したものです。


特徴~その1~
【業界初、寒冷地仕様550Lタイプ】
従来の貯湯タンク容量370L、460Lタイプに加え業界初となる550Lタイプを発売します。
外気温がマイナス25℃でも、最高80℃までの沸上げ運転が可能です。

特徴~その2~
【非常時のライフラインの役割を強化】
・停電時でも蛇口からお湯が出るよう、本体内蔵の給湯用混合弁を給湯未使用時でも設定温度近辺で給湯ができる状態に常に保つ構造にしました。
・断水時には生活用水としてお湯または水が使えるよう、非常用取水栓を装備。栓を開くことで、自力で水を取り出すことができます。
・耐震性を強化するため、貯湯ユニットの前脚部固定用金具としてT字座金を標準装備し、アンカーボルト抜けを防止します。

特徴~その3~
【3つの省エネ技術 プレミアムタイプ】
省エネ①〈わかす〉ファンの形状の見直し・熱交換器の大型化により、消費電力を約5%改善しました。
省エネ②〈ためる〉貯湯ユニット内の保温材に断熱効果の高い真空断熱材を使用。タンク全周に巻きつけ、従来からの発泡系断熱材で挟み込み三重構造にすることで、保温性能が40%向上します。
省エネ③〈つかう〉風呂の湯はり時に沸かしたお湯を効率よく使えるよう、ヒートポンプユニットで沸かした低温のお湯を貯湯せずに使用することでお湯の活用効率を約20%向上。また、お風呂を保温する際にも、ヒートポンプユニットで沸かしたお湯を直接活用します。

プレミアムタイプは、風呂機能はフルオート・湯はりのほか、追い炊きまで設定できます。
プレミアムタイプが4機種、スタンダードタイプが13機種となります。このほかスタンダードタイプでは、高圧力給湯型も同時に発売されます。タンク容量は、370Lから550Lまで全51機種を揃えております。

→もっと詳しい情報はこちらでご覧いただけます。